はからずも麻酔のアピールもあるのか

今日は、愛犬の手術の日光でした。
我が家の愛犬はポメラニアンの女子だ。
子宮を取るかどうか、悩みました。もしものことがあったら、麻酔からまぶたが覚めなかったらという
不安もたくさんありましたが、パパとも交渉お子様を産ませる予定はないので病の懸念が
鎮まるならといった内心をしたのです。
昨夜から絶食のまま疾病へいきました。
コメントを聴き、夕刻に面会できるとしてパパという注文をしたりして
時間が経つのを待っていました。
も、必ずしも落ち着かなくて見紛うのは愛犬のことばかりでした。
真昼ご飯を食べている時に、病舎から呼出がきました。
何かあったのではないかと、ドキドキしながら呼出にでると、乳歯がのこっているので
一緒に抜いておきますとのことでした。
はぁ、感動・・・。
夕刻になり、面会に行くという医師から「大丈夫終わりましたよ。」とニュースをうけ摘出した子宮を
見せてもらいました。
愛犬は、はからずも麻酔のアピールもあるのかぼーっとしていましたが私たちの容貌を見るとしっぽを
ふってケージのギリギリまできて、コツをペロペロしてくれました。
意外にも想いそうな愛犬の容貌に少々ホッとして病舎をのちにしました。
2泊3日光の入院なので明後日おむかえにいってきます。
2泊も離れた会社ないから安全かなと心配ですが、医師を信じて待ち受けたいと思います。
も、物寂しいから短く家に帰ってきてほしいだ。http://xn--id-mg4awlwbx903cvtfqx3b.jpn.org/